今日のお客様、ネット通販をやっており、そこの管理ツールからはブランドごとにしか売上データをダウンロードできないとかで、売上集計するのにそれぞれダウンロードしたファイルを開いて結合して、開いて結合して、開いて結合して・・・とかなりお時間がかかっていたよう。

繰返し単純作業は何か楽にする方法があるはず!

ということで、いろいろ調べさせてもらったところ、懐かしいコマンドが。

なんと、バッチファイルで結合してしまうというもの。

バッチファイルとは、Windows環境で実行できるコマンド列を記述したテキストファイルのこと。バッチファイルは拡張子が「.bat」であるため、そう呼ばれる。

若かりし頃、事業会社のシステム担当で、大型コンピュータからデータをダウンロードしていろいろ加工してなんてことをやっていた経験があるから、違和感なく作り上げる。

Windowsのメモ帳に

copy *.csv all.csv

と記載し、拡張子を「.bat」にしたファイルを結合したいCSVの入ったフォルダに入れるだけ。

手順としては、

  1. フォルダをつくる
  2. つくったフォルダに結合したいCSVファイルを入れる(結合したくないCSVファイルは入れてはいけない)
  3. 「copy *.csv all.csv」と書いたバッチファイル(ここではall.batとする)も同じフォルダに入れる
  4. all.batをダブルクリック
  5. 勝手に同じフォルダにall.csvが作成される
  6. all.csvを開く
  7. タイトル行が不要になるので削除して、上書き保管
  8. 後は1つのcsvファイルとしてExcelでも他のツールでも利用

「あ~めんどうくさい」と思っていた仕事が一瞬で終わってご担当者目が◎になっていた。

こういう小技でも喜んでいただけることは嬉しい。

今日も読んでいただきありがとうございました。