ビジョンマップを作ったことがあるだろうか?

簡単に言うと、ある時点を決めて、そこまでに達成したイメージを右脳を使ってイメージし、そのイメージに近い写真やイラストをぺたぺた1枚の紙に貼っていくものである。

インターネットで検索すると色々なものが出てくる。

ただ、よく見て欲しい。

そのほとんどが私的成功で終わっている。

どういうことかというと、個人の欲求の達成で満足状態なのだ。

これは、本当の成功なのだろうか?みんなに応援してもらえるものになっているのだろうか?

実はそこに、公的成功まで含めておかないと、誰も応援してくれないかもしれないし、実現したところで寂しい結果や問題を起こしかねない。

自分の成功だけでなく、周りの人々の成功がそこに描かれていないと本当の意味での成功するビジョンマップではないのではないかと思うのだ。

そんなことがわかる「完訳7つの習慣®」の学びだった。