この言葉、もしくはこの絵を見たことがあるだろうか?

学習内容の保持の程度を表したもので、下表のとおりと言われている

保持率知識テスト前に行われた学習活動
5%講義を聞く
10%読書をする
20%視聴覚体験
30%デモンストレーションを見る
50%グループディスカッションに参加する
75%学んだことを実践する
90%他の人に教える
国立訓練研究所(NTL)の学習ピラミッドモデル

ウィキペディア(Wikipedia)によると、ここで記載されている保持率には根拠がなく、批判的な意見もあり、ゾンビ理論とまで言われているようだ。

しかしながら、根拠があるように言われてもまったく違和感がないほど、納得感がある。

つまり、調査はただしくないかもしれないけれど、「こんな感じだよね。」という実体験があるのだ。

ということで、今日は一日、「学んだことを実践する」人を増やすために、そして、学んだことを人に教えるために勉強していた。

お披露目は9月以降になりそうだが、数値計画の前のベースになる人間作りの勉強会を新たに毎月開催することにする。