私は講演会での質問が苦手だ。

うまい質問をしなければならないと思っているからである。

そんなことを思っていたら、中田敦彦の2ndYouTubeで質問について解説していた。

良い質問は、「思考の足跡が見える質問で、なぜ、その質問をして何を知りたいのかがわかる質問」だそうだ。

そして、質問にはレベルが3つあると

  • レベル①思考の道筋がない(大雑把な質問)
  • レベル②考えたけどよくある質問
  • レベル③独自な質問になっている

そして、「リサーチ」→「試作」→「質問」がよい質問とのこと。

つまり、質問する相手のことをリサーチし、自分なりの試作をし、その上で質問するのがよい質問とのこと。おっしゃる通りだ。それができないといいインタビュアーにもなれない。

しっかり頭を使っていい質問ができるようになろう。